専門家に任せた方が『ほっ!』とできるケース

時効期間が経過していても、援用手続きをしなければ半永久的に督促されることになります。そして、あなたが借金を払うでもなく、消滅時効の援用をするでもなく亡くなったとすれば、次はあなたの家族が督促をうけることになります。
 

時効を迎えたら、勝手に借金がなくなるわけではありません。
 

消滅時効の援用手続きを行い時効を完成させることで、借金が消滅します。
 


しかし、債権者もそう簡単に時効を完成させたりはしません。


誰だって貸したお金を踏み倒されそうになったら必死で抵抗するものです。持ちうる限りの知識と経験を使って時効の完成を阻止してきます。
 

消滅時効の援用は個人でも手続きをすることは可能です。しかし、債権者も素人相手にいつまでも踏み倒させはしません。つまり、ネットに書かれているようなやり方で簡単に援用できることが難しくなってきているのです。その証拠に債権回収会社は年々巧みな手段で回収実績をあげ続けています。
 

だからこそ、単に消滅時効の援用ができる法律家ではなく、消滅時効の援用に強い司法書士、行政書士が活躍するようになってきました。
 

消滅時効の援用に強い司法書士・行政書士を徹底比較!!


早急に時効の援用手続きをする必要のある、かつ、専門家に任せた方がよいケース


時効援用を失敗しないコツは、自分の代わりにプロフェッショナルに完璧な仕事をしてもらうことです。
 

下記は緊急性の高いケースの一例です。今のあなたの状況と当てはまる場合は、急いで動くことをお勧めします。
 

簡易裁判所から【支払督促/訴状】が届いたら、まずは『期日』!

【ポストに訪問通知】が入っていたら赤信号!

【信用情報をキレイ】にして、クレジットカードやローンの審査を通したい!

【債権回収会社から通知】が届いたら!

弁護士から【催告書や警告書】はマズすぎる