ポストに訪問通知が入っていたら赤信号!

仕事が終わって帰宅してみると、なにやら迫力のある書面がポストに入っていた!
 

最近ではNISSINが訪問回収を多頻度で行っているようです。
 

家族には内緒にしていた借金が、債権者に訪問された際にバレてしまい、借金問題が家族問題に発展してしまうケースも珍しくありません。
 

最後に支払ってから5年経過しており、時効を迎えていても訪問回収してくるケースがあります。
 

時効を迎えていても債権者は請求する権利を有しています。
正当な権利であなたに請求を行っているのです。

そんな債権者と家の前でばったり!というのは誰もが避けたいシチュエーションです。在宅中に訪問されるのも同じでしょう。
 

回収に来る人は債権回収のプロです。
 

時効を迎えていても、借金の回収に全力を尽くしてきます。
 

そのような回収のプロを相手に消滅時効の援用を行うことは、非常に困難と言わざるを得ません。
 

消滅時効の援用の専門家である司法書士に依頼をした際には、

「債権者に訪問された場合の対応方法」
を確認することが大切です。

司法書士事務所との正式契約の前に債務承認してしまうと、援用手続きができなくなってしまうからです。
 

また、逆にこのような状態であると説明したにもかかわらず、訪問された時の対応方法を説明してくれない事務所は要注意です。契約のことしか考えていない可能性があります。事務所選びの参考にしてみてください。
 

借金の消滅時効の援用に強い司法書士を厳選!!