【クレディセゾン】と消滅時効の援用

CIC情報を取り寄せたら未払いの【クレディセゾン】が掲載されていたときに読むページです。

 

クレディセゾンは言わずと知れた大手信販会社です。

クレディセゾンは積極的に督促行為をすることはあまりないようです。

つまり、払ったつもりでいたが実は未払いであって、CICで調べたら延滞状態になっていて驚かれることも珍しくありません。

借りたお金は返すのが道理です。

しかし、経済状態が厳しく分割であっても支払いが厳しい場合は、消滅時効の援用を利用するのも一つの手段です。

時効で処理ができれば、支払い義務が消滅します。つまり、支払う必要がなくなります。

すぐにでも時効で処理をしたいと思うのであれば、まずは時効援用の専門家に相談されることをお勧めします。

 

 

時効とは?

消滅時効の援用手続きをすることで支払義務を消滅させることができます。

当然誰でもできることではありません。

条件として下記を満たす必要があります。

  • 最終取引から5年以上経過している
  • 過去10年の間に裁判手続きをされていない

もし、この二つを満たしているのであればまずは専門の法律の事務所に相談されることをお勧めします。

 

消滅時効の援用手続きは資格がなくてもできるのですが、ノウハウのない素人がやると手続きを失敗する可能性が高いです。

それに失敗した場合は悲惨です。

失敗したときから、さらに5年、または10年の間督促が続くことになるからです。

時効で確実に処理をしようと思うであれば、専門家に依頼されることをお勧めします。

 

合わせて読みたい時効のこと

サラ金からの借金の【消滅時効の援用】これだけは!

Copyright© サラ金からの借金の【消滅時効の援用】 , 2020 All Rights Reserved.