【クレディア】と消滅時効の援用

株式会社クレディアから『お知らせ』『訪問通知書』『最後通告書』『法的手続き移行のご通知』が届いたときに読むページです。

 

クレディアは非常に厳しく取り立てをしてくる会社です。もちろん合法の範囲内でです。債権回収会社にも劣らない回収業務のノウハウをもち、あらゆる手段をつかって回収に動いてきます。まさに、回収業務のプロ集団です。

期限付きの通知が送られてきたら、早々に対応する必要があります。裁判をされて判決を取られてしまうとその時点から時効が10年延びます。援用手続きをすることで借金を消滅できる機会を10年間失うことになるからです。

本来、借りたお金は返すのが道理というものです。

しかし、もしその債権が時効期間を満たしているのであれば、消滅時効の援用をすることで借金を消滅させることができます。

経済状況が非常に厳しく返せるアテもないのであれば、法的に認められている消滅時効の援用を利用するのもひとつの方法です。

援用をするしかないと思ったのであれば、早急に手続きを開始しましょう。まずは専門家に相談です。

 

 

時効期間が経過していても請求される

クレディアは時効期間が経過していても請求をしてきます。

なぜなら、5年経過していても請求する権利をもっているからです。

時効は5年経てば勝手に借金がなくなるという法律ではありません。

消滅時効の援用をすることで、初めて借金がなくなるのです。

 

自分でクレディアに対して援用手続きをするリスク

消滅時効の援用は自分でもできます。

しかし、もし失敗した場合を考えると悲惨です。

援用ができなかった(失敗したとき)場合、分割払いの和解交渉(任意整理)が必要となります。

一般的に弁護士や司法書士に依頼して和解交渉を行ってもらいますが、クレディアが相手の場合、他の債権会社に比べて交渉が難航する傾向があります。

簡単に言うと、支払わなければならない総額が大きくなるのです。もちろん合法の範囲内でです。

専門家でさえこのような現状ですから、素人のあなたが和解交渉をしたらどのような結果になるかは火を見るより明らかです。

だからこそ、時効を迎えているのであれば、専門家に依頼をして確実に時効を完成させることをお勧めします。

債権者がクレディアの場合、援用できなかったあとは本当に悲惨です。

 

 

株式会社クレディアの概要

本社:
静岡県静岡市駿河区南町10-5
東京支店:
〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-16-4 NSビル9階
0358217207

クレディアコールセンター:
〒422-8563
静岡県静岡市駿河区南町10-5 6階
TEL:0542021308

Copyright© サラ金からの借金の【消滅時効の援用】 , 2020 All Rights Reserved.