【アペンタクル】と消滅時効の援用

アペンタクルから『最後通告書』『債務名義確定通知』『訪問通知書』が届いたり、裁判所からアペンタクルの件で『支払督促』『訴状』が届いたときに読むページです。

 

株式会社ワイドの借金を放置していると、アペンタクル株式会社から請求を受けることになります。

現在アペンタクルはJICCに登録をしておらず、回収業務を主な業務として活動しているようです。

アペンタクルは訪問回収もいとわず行う、非常にアクティブな会社です。

本来、借りたお金は返すのが道理です。

しかし、利息で膨れ上がった数百万円を払える人は一握りで、ほとんどの人は支払いが困難なはずです。

そういった時には消滅時効の援用をすることで、支払い義務を消滅させることができます。

すぐにでも手続きを始めたい方は、まずは専門家に相談することが始めるのがよいでしょう。

 

 

アペンタクルから届く通知

  • 最後通告書
  • 債務名義確定通知
  • 訪問通知書

訪問通知書は、実際に家に来られた際にポストに入っている通知です。

放置していると今後も訪問されることになります。もし話をすることになったとして、話した内容次第では時効の援用ができなくなります。

訪問通知書がポストに入っていた場合はなるべく早く専門家に相談したほうがよいでしょう。

 

債務名義確定通知が届いたら、まずは事件番号を確認してください。

●●簡易裁判所 平成△△年(ハ)第?????号

もし平成△△年から10年経過していないのであれば、時効で処理をすることはできません。

裁判をされた場合、そのときから時効期間が10年延びるからです。

あくまでも傾向ですが、平成16年と平成25年に裁判手続きをされているようです。

事件番号に平成16年とあれば、すぐにでも専門家に相談をしましょう。

このまま放置していると再度裁判をされることもあるからです。

今のうちであれば消滅時効の援用手続きを専門家に進めてもらうことで、支払い義務を消滅させることができます。

平成25年とある方は、分割で支払いをされることをお勧めします。

平成35年まで待っても、おそらく10年経つまでに再度裁判をされる可能性が非常に高いからです。

任意整理の専門家に相談して一刻も早く和解をしなければ、刻一刻と利息が付いていくだけです。

 

 

アペンタクル基本情報

アペンタクル株式会社
旧社名 株式会社ワイド
本社:
栃木県宇都宮市下戸祭2-3-25
TEL:0286430008

 

アペンタクルから借金を消滅時効の援用をするにあたり

上でも述べましたが、借りたお金は返すのが道理というものです。

しかし人それぞれ事情があり、消滅時効の援用という法的な手続きも用意がされています。
一番まずいのは放置することです。

まずは専門家に相談することから始めてはいかがでしょうか。

あなたと同じ悩みを抱えた人たちが日々相談される法律の事務所に悩みを打ち明けることできっと可決への道を示してもらえるはずです。

 

Copyright© サラ金からの借金の【消滅時効の援用】 , 2020 All Rights Reserved.