簡易裁判所から支払督促/訴状が届いたら、まず『期日』!

借りた以上は返すのが人としてのどおりではありますが、消滅時効という法律を使って援用手続きをするのもひとつの借金問題解決の方法ではあります。
 

一般的に消費者金融会社からの借金は、最後に支払ってから5年経過すれば消滅時効の主張をすることで、時効を完成させることができます。
 

しかし、援用手続きをしなければ、債権者から請求され続けることとなります。
 

時効を迎えていても、請求権は消滅しないためです。
 

例えばアビリオ債権回収会社は、消滅時効を迎えている債権であっても訴訟をしてくるケースが多々あります。
 

時効を迎えているとはいえ、訴訟された以上はこれまでの債権者からの通知のように無視をしていると大変なことになります。

無視をするとどうなるか?
 

簡単にいうと、
 

●支払わなければならない金額が増える
 

●給与や預金などを差押えされる権利を取得される
 

等など、あなたにとって不利な条件が揃ってしまうのです。

裁判所から通知が届いたら、まずは中身を確認してください。
そして「期日」を確認してください。
なにはともあれ、「期日」です。

そして専門家に相談です。時効援用の専門家である司法書士たちは、訴訟されている案件であると知るとまず「期日」を確認してきます。その期日までに速やかに手続きを開始する必要があるからです。
 

訴訟された以上、一人で悩んでいるいても状況は不利になるだけです。一刻も早く行動を開始することが必要です。
 

【サラ金の借金の消滅時効の援用に経験豊富】な司法書士を徹底比較!!